CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
 
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
目指せ!ペラペラ その1
少し前に某英会話学校のCMで
『知っている単語は100や200じゃない』
みたいなことを言っていました。

中学、高校で(人によっては大学でも)
ほとんどの日本人が英語を勉強していると思います。

高校入試でも大学入試でも英語があるから
真面目に勉強した時期は誰にでもあったと思います。
それこそ『知っている単語は100や200じゃない』はず。

でも英語を話せるかというと・・・

・たくさんの単語を知っている
・たくさんの熟語を知っている
・動詞の活用を知っている
・英語の文法を知っている

それでも話せるかというと・・・

基本4技能というものがあります。
聞く、読む、書く、話すの4つです。

学校の授業では英語を読んで訳す、読んで訳す
の繰り返しだったように思います。

コミュニケーションに必要な『聞く』『話す』は
ほとんどやってこなかったと思います。

英語ネイティブと英語で話ができるようになることは
すなわち今までにやってこなかった
『聞く』『話す』をトレーニングしていくこと。

少しやってすぐに結果がでるとは思えないが
少しずつ地道に進歩していくしかないですね。



英語スピーキング特化システム YouCanSpeak





Sponsered Link




















| 目指せ!ペラペラ | 16:42 | comments(0) | - |
目指せ!ペラペラ その2
最近の学校での英語の授業がどういう形態で
行なわれているかはわからないが
私が学生の時は

英文を1文読む
   ↓
主語を訳したあと文の後ろから戻るように訳す

という授業だった。

これはこれでいいのかも知れないが
致命的な欠点があると思います。

それは英文の意味をとることに重点が置かれているということ。
そのため英語を使って会話するためのトレーニングが
できないということが欠点だと思います。

会話では相手の話を1文ずつ聞いて
それを後ろから戻りながら日本語にしていくということは
当然できない。
それ以前に相手の英語が聞き取れるようにもなってないですが・・・

それにプラスして話すためのトレーニングが皆無なので
結局のところ会話、すなわちコミュニケーションには役立たない
ということになります。

英語と日本語は語順も違えば言葉の使い方も違う。
さらには日本人が苦手は子音の音を聞き取らなければならない。
英語で会話ができるようになるには課題が山積み。

でもいいこともある。
大学受験のために必死に勉強したから
単語はいっぱい知っている。
だけどそれを使えない、使いこなせない。

人によって目的が違うとは思うけど
英語を勉強することでどうなりたいのか
ということを再度確認して
それに対して最短距離で進むのが一番いい。

私の場合は英語で会話ができるようになりたい!
というのが目標なので
今までやってこなかった『英語で話す』ということに
重きを置きました。

自分の言いたいことを英語で言えるように
繰り返しトレーニングしたわけです。



英語スピーキング特化システム YouCanSpeak





Sponsered Link




















| 目指せ!ペラペラ | 22:46 | comments(0) | - |
| 1/6PAGES | >>